◎「平成31年度国に対する特別豪雪地帯振興策に関する要望事項=国土交通省③」

◎「平成31年度国に対する特別豪雪地帯振興策に関する要望事項=国土交通省③」

4 冬期間道路交通確保の拡充強化について

積雪寒冷特別地域における安全で円滑な冬期道路交通の確保のため、計画的に事業を推進されたいこと。

⑴ 雪寒道路事業(除雪事業、防雪事業、凍雪害防止事業、「無料イラスト ...」の画像検索結果除雪機械整備事業、消雪パイプリフレッシュ事業)の計画的な推進を図るため、社会資本整備総合交付金の必要総額を確実に確保すること。

また、降雪は年度末まで続くことにより、除雪費の精算が年度を超える場合があることから、同交付金の弾力的な運用等、地方の自由裁量を拡大すること。

⑵ 除雪オペレーターの確保・育成、除雪機械維持や消融流雪施設維持管理費に対する新たな財政支援措置を講じること。

⑶ 道路除雪は除雪車の走行等により、舗装路面の痛みや路面標示等の削れ等、夏期における道路維持補修費が多額となることから、道路維持補修費の財政支援措置について配慮すること。

⑷ 豪雪時における雪捨て場及び雪堆積場を確保するため、河川敷等未利用国有地の利用にあたっては、河川法等による許可要件の緩和等弾力的な運用を行うとともに今後の河川整備にあたっては、冬期間における雪捨て場としての使用を考慮すること。

⑸ 地域住民にとって重要な生活道路における除雪車の円滑な通行を確保するため、狭あいな路線の拡幅にかかる社会資本整備総合交付金について、必要総額の確保及び拡充措置を講じること。

⑹ 豪雪地において地元業者による除雪体制を堅持するため、建設業法における経営規模等評価申請(経営事項審査)時の加点対象科目に、道路除雪を担う事業者の除雪実績を加えること。