◎特別豪雪地帯対策の推進に関する要望

◎特別豪雪地帯対策の推進に関する要望

新潟県におかれましては、日頃より特別豪雪地帯に係る諸施策の推進に格別なご高配を賜り感謝申し上げます。

ご承知のとおり、新潟県は県内18市町村が特別豪雪地帯に指定され、その面積は県土の約70%を占めています。

当協議会は、豪雪地帯という厳しい自然条件の中で住民が安心して暮らせるように、雪害に対する恒久対策の確立や生活環境整備等を目指して昭和52年に設立され、これまで会員挙げて要望活動を展開してきました。

しかしながら、特別豪雪地帯は毎年恒常的な豪雪のため、多大な雪害を被り、「イラスト 無料 ...」の画像検索結果民生・産業全般に亘って大きな地域格差を生じております。また、雪害等の防止策をはじめ、冬季交通の確保、屋根雪対策等、緊急に解決すべき課題を数多く抱えております。

つきましては、かかる実情を十分にご賢察いただくとともに、豪雪地域が環境保全に果たしている役割もご認識いただき、特別豪雪地帯における定住条件の積極的な整備と生活環境の向上を図るため、下記事項について特段のご高配をいただきますようお願い申し上げます。

1 新潟県雪対策基本計画に基づく事業の推進と拡充を行うとともに、平成31年度の予算編成に当たり所要な財源措置を図られたい。

平成30年7月30日

新潟県特別豪雪地帯市町村議会協議会

会長 柏崎市議会議長 加 藤 武 男