「ストップできるの?」=新庁舎建設計画(柏崎市)

◎「ストップできるの?」=新庁舎建設計画(柏崎市)

市民の会(=明日の柏崎を考える市民の会)では、街頭から新庁舎建設反対を呼びかけながら、2週間が経過した。これまで市内中央地区、大洲地区、比角地区をはじめ、郊外地区にも活動を展開してきている。勿論、署名募集も並行して続けている。

これらの活動の中で時折聞かれることだが、「(新庁舎建設計画は)今からストップできるの?」「市ではあれやこれやドンドン前へ進めているけど・・・?」という質問である。それに対して市民の会では「市民の声が大きくなればストップできます。」と回答している。「確かに市では、平成32年の完成を目指して、超ハイペースで計画を進めています。ですが、市民の反対の声が大きくなれば、十分ストップできます。」いくら何がどうであろうとも「市民の声が大きくなれば、無視することはできないでしょう。それが民主主義ですから。」ですから「皆さんで声を出して下さい。そして署名をして下さい。」と呼びかけている。

因みに、街宣活動に対する市民の反応は「大変良好」である。手を振る人、声をかける人、握手をする人、署名をする人、お辞儀をする人等々様々である。何故かしら日増しに多くなってきているように思う。市民の会では「これからも街頭からの呼びかけを続けながら、コツコツと署名集めを続けるので、是非ともご協力をお願いします。」と重ねて呼びかけている。