「市民の会」その後の動き(3)=新庁舎建設反対運動(柏崎市)

◎「市民の会」その後の動き(3)=新庁舎建設反対運動(柏崎市)

明日の柏崎を考える市民の会(=市民の会)では、5月8日(日)から街宣活動を開始した。これまでは署名募集を中心にした活動であったが、これからは街宣車による「街頭からの呼びかけ」をプラスしたことになる。

2日間の感触を聞くと、「手を振る人、お辞儀をする人、街宣車を呼び停めて署名をする人」等々様々だが、スベリダシとしては「市民の反応は良好」ということだ。「選挙のときよりはるかに反応がいい」という声も出るくらいだ。市民の会では、改めて「新庁舎建設に対する疑問や反対の根強さ」を裏付けるものではないかと言っている。これまでに中央地区、比角地区、大洲地区を街宣したが、これからも毎日続け市内全域を巡回する予定だという。また同時に署名募集も続けており、更に賛同の輪を広げていきたいとしている。