「市民の会」その後の動き(1)=新庁舎建設反対運動(柏崎市)

◎2回目の全市チラシ折り込みと署名募集

既報のように、明日の柏崎を考える市民の会(略称:「市民の会」)では、3月13日(日)に2回目の全市チラシ折り込みを実施した。 今回はB4サイズで返信用はがきを印刷し、7人分署名が出来るようにしてある。 その後の情報では署名の募集は順調で、今回の返信はがきには「意見記入欄」を設けたことから、新庁舎建設に反対する意見が数多く寄せられるようになったそうである。

市民の会では署名の目標数を「有権者の過半数以上(約37,000人弱)」と言っていることから、目標達成にはまだまだ遠い道のりだが、新市庁舎の建設に「賛成か反対を問う『直接請求(住民投票)』」に必要な署名数は1,500人分あれば十分に上回っているので、新潟市の「BRT住民投票」のように「直接請求」をする人数は遥かに超えていることになる。

市民の会の話では、自分達は組織もない脆弱な集まりであるから、時間もかかるがコツコツ足で稼いで、市民の声を市政に届けたいとしている。今後、2回目、3回目と署名の提出を続けていく予定だが、賛同するの市民皆さんには是非協力をお願いしたいと呼びかけている。