「第五次総合計画と財政運営について」=一般質問の中より(5)=柏崎市議会6月定例会議

◎ここでは、前日に引き続き柏崎市議会6月定例会議の一般質問の内容を紹介しています。今回はその5項目めです。

(5)第五次総合計画と財政運営について

これから10年の柏崎市のまちづくりと、市政運営を計画した第五次総合計画が作成され動き始めていますが、これの実現の裏付けとなる財政計画とその運営について伺いたいと思います。

第五次総合計画では基本計画として、6項目を挙げて「力強く、心地よいまちづくり」を目指しています。ところが、これら計画も財政の裏付けがあって初めて実現可能であることは、申し上げるまでもありません。つまり「予算付け」と「財政運営」が勘所となると思います。

そこで今回は以下の2点について質問いたします。

①予算にメリハリをつけること。

②縮小予算より増額予算を。という2点であります。

まず第1点の「予算にメリハリをつけること」についてであります。

平成29年度当初予算の編成にあたり、各担当課から出された要求額は総額40億円を上回っていたと聞いています。

当然のことながら、1を削り2を削り、3~4をやり繰りしながら、部長査定、市長査定を経て485億円の当初予算額になった、ということだと思います。

その一方で、「新規事業や重点政策」に対する予算配分も必要になる訳ですが、「財政に詳しい人」にお聞きしますと、全体予算の中から、その為(新規事業や重点政策)に「予算を寄せる(割く、工面する)」としますと、「2% が限界で3%は 無理だ」ということであります。

これを平成29年度当初予算案の一般会計財政規模で見ますと、485億円の2% は9億7千万円になります。この金額は平成29年度商工費の減額分(9億7千万円)と、ほぼ同じ金額であります。

勿論、9億7千万円は決して小さな金額ではありませんが、柏崎市を元気にし、力強く牽引するには「少ない」という気がします。

そこで市長にお伺いします。柏崎市の予算規模からみて、「メリハリ金額」はどのくらい必要しょうか? 感覚的なところでも結構ですがお答えいただきたいと思います。因みに私は、せめて「5% 約25億円は欲しい」というところですが、如何でしょうか?

次に、「縮小予算より増額予算を・・・」ということについてであります。

私の乏しい人生経験の中からの話で恐縮ですが、私共の社会というものは、少しずつでも「成長し発展する」ことが摂理(万象を支配する法則)のようであります。これは社会体制(ex資本主義や社会主義)の在り方を問わず共通であると思います。この事ことを、ある高名な経営コンサルタントの先生は「生成発展が天地自然の理」だと明言していました。

それでは、これを自治体経営に当てはめてみますと、市民生活が向上し都市が発展するということは、着実な財政規模の拡大という形で表れてくると思いますが如何でしょうか?

その逆の場合は、つまり財政が縮小するということは、都市力が後退し市民福祉が減退しているということになるのではないでしょうか?

この考え方(理屈)につきまして、市長のご存念をお伺いいたします。

繰り返しますが、柏崎市の平成29年度一般会計予算の485億円は対前年比で3.6% の減額予算であります。また第五次総合計画では5年後(平成33年度)の財政見通しは歳入合計金額として432億円を掲げています。平成29年度対比で11% 53億円の減額であります。この数字を見ていますと、柏崎市の予算編成の方向は、財政の健全化の方向により強く「意識と力が働いて」いて、成長・発展への力の配分が少し弱いように感じるのですが、如何でしょうか?

私は1年毎の予算が増えたからいい、減ったからダメと言っているのではありません。少し長期のスパンで見て確実に前進し、成長・発展を続けることが必要で、大事なことではないかと言いたいのであります。

5年後(H33年)の予算規模が11% 53億円減少するという見通しも、合併特例債の算定替えの段階的縮減や、固定資産税の漸減、有利な市債活用の減少などがあるようです。つまり、財政見通しが厳しいということでありましょうが、そうであっても、これからの人口減少を踏まえたうえで、「市民一人当たり予算配分額は増加している」ということが大切になってくるのではないでしょうか。

以上