またまた職員不祥事発覚(柏崎市役所)

またまた、柏崎市職員の不祥事が発覚した。今回は痴漢行為だという。市民各位もご承知のように、「毎年」である。実に嘆かわしい、不名誉かつ憤怒にたえない事である。柏崎市が公表したこの事件の概要は、以下のとおりである。

平成26年2月18日

市議会議員 各位

柏崎市長 会 田  洋

職員の懲戒処分について

このことについて、懲戒処分等の公表基準に基づき下記のとおり公表します。

1 事案の概要

被処分者は、平成26年1月3日、長岡市内において新潟県迷惑行為等防止条例に違反すると考えられる行為により、長岡警察署に検挙された。

被処分者から書類送検となった旨の連絡を受けて事実確認を行った結果、このことは地方公務員法第29条第1項第3号に抵触するものと判断し、懲戒処分等を行った。

(なお、刑事処分が本日現在未確定であり、処分内容に影響する恐れもあるため、行為の詳細の公表は差し控えます。)

2 被処分者及び処分内容

市民生活部課長代理(男性、52歳)

停職(4月間)。併せて、分限処分として主査へ降任。

なお、被処分者の上司である同部部長及び課長に対しては口頭注意を行った。

3 処分年月日     平成26年2月18日

以上

<議会での今後の解明>

この事件については未だ不明確な点もあり、今後の議会での追及が必要であろう。問題点は数々挙げることができるが現時点では、

① 柏崎市役所では、これまで逮捕に至る刑事事件をはじめ、毎年々々職員不祥事が発生していることと、その度に「綱紀粛正を図り、2度とこのような事が起きないように厳しく対処する」と繰り返してきているが、一向になくならないこと。

② 1月3日発生の事件が、今日まで伏せられていたこと。

③ 処分の甘さも含めて、職員教育や管理及び法令順守や倫理意識の欠如が指摘されているにもかかわらず、その周知徹底が行き届いていないこと。

④ 市長は事件不祥事が発生する度に、「責任をとるとの理由で、自らの給与カット」をしてきており、就任以来これまでに「まともな給料を受け取った月が何カ月あったか???」と言われるくらい続いていて、全く改善されず何の責任も取れていないこと。

⑤ 議会の追及に対しても、「頭を下げ、時間が過ぎることを待つ」というような姿勢で、切り抜けてきているが、このようなことの繰り返しでいいのか???

⑥ 議会の中でも「市長与党」と言ってはばからない議員がいる ことは、先に政界やぶにらみ(2)で指摘しているところである。これまでも、それら議員が中心になって、事を「穏便に済ませよう」とする動きが出ている が、それでいいのか。市民各位の厳しい監視が必要ではないか。

⑦ この度の市長名による「公表文」にもあるが、「なお、刑事 処分が本日現在未確定であり、処分内容に影響する恐れもあるため、行為の詳細の公表は差し控えます」との理由は、「何故処分に影響するのか???」など、 「全く意味不明のことを並べているが」、このような理由にもならない理由は、事件の詳細を「隠ぺいする意図」としか言いようがない。これまでも同じような 方法で、事件解明や事実の詳細公表を巧みに逃れてきていることを、このまま許していいのか。

等々、思いつくままに挙げただけでも多くの問題点が挙げられる。やはり市民は大きな怒りを持たなくてはならないし、議会もその代弁をするとともに、その責任を果たさねばなるまい。

以上です。