一般質問

今回は「一般質問」について、ご案内したい。既報のように、柏崎市議会9月定例会議では、9月11日(月) ~ 13日(水)まで行われる。これまで、14名が通告していて、13日は午前中で終わる予定だ。

1 一般質問とは

(1)各議員が執行機関(市長部局)に対して政策や行政運営等について質問すること。

(2)定例議会において行われ、臨時議会では許されていない。

(3)一般質問は議題とは関係なく、議員の意思ですることが出来るが、質問内容を事前に通告して、議長の許可を得なければならない。

※この通告制度の理由は、付託を受けた議員が市民の代表としてその声を代弁し、行政執行に反映させるための働きかけをしたり質したりする、議会活動の中でも最も華やかで意義深い発言の場であること。そして行政全般にわたる「議員主導の政策論議」の場であることから、質問する議員もそれを受ける執行部側も充分な準備をし、質問と答弁がかみ合わないことのないようにする必要があるためとされている。

(4)従って、通告した内容が行政に全く関係のないことや議会の品位を傷つける恐れがあるものは、議長が許可しないことになる。

2 質問や内容の注目点

(1)質問として適当かどうかのポイント

① 単なる事務的な見解をただすに過ぎないもの。

② 制度の内容の説明を求めるもの。

③ 陳情・要望をするもの。

④ 上記③に伴い「お願いやお礼を述べる」もの。

※一般質問は大所高所からの政策を建設的立場で議論すべきであり、「陳情方や護摩擦り方」は厳に慎まなければならない。

(2)質問をする上での決め事(柏崎市議会の場合)

① 質問時間は1人につき30分(答弁時間は無制限)

② 質問方法は、全部を一括でする「一括方式」と、1問ずつ質問と答弁を繰り返す「一問一答方式」とあり、質問する側が選択できるが、最近は圧倒的に一問一答方式を採る議員が増えている。

③ 質問の人数は1日6人までで、それを超えると次の日に回す。

④ 質問の順番は通告順としているが、同一会派が続いた場合は、議長が調整し順序を入れ替える。

概略は以上である。

因みに一般質問の様子はインターネットとFMピッカラで中継しているので、視聴できる。また、インターネットでは録画もアップしているので、後日視聴することもできる。

議員は「市民の目や声」をとてもとても気にかけているので、各位の注目具合が「議員の資質や議会のレベル向上」に大きく影響すると申し上げたい。

その意味でも、まずは手始めに今「9月議会」をご注目頂ければ幸いである。