柏崎を元気にする方法ー9

1 少子高齢化時代に対応したまちづくり

本シリーズ「柏崎を元気にする方法」の9回目は、少子高齢化時代に対応したまちづくりについて考えてみたい。既にご案内のように、我が国の人口は減少の一途を辿り、毎年20万人程ずつ減り続け、今日では1億2,730万人(H25年10月1日現在)になっている。厚生労働省が発表した最新の人口動態統計結果によると、2013年(H25年)人口の「自然減」は、24万4,000人と、過去最高を記録したそうだ。また人口が自然減となるのは、7年連続のことであり、今後もこの傾向が続くということだ。これまでも確認されてきていることだが、人口動態推計は大きく狂わないのが通例のようだし、今後もそうであろう。また、ある大学の先生の話であるが「人間は本来120歳までは生きることが出来る。」ということらしいから、医学の発達や新薬の開発と相まって、平均寿命もどんどん高くなっていくことが予想される。その一方で、生まれる子供の数は少なくなっているから、益々少子高齢化社会が進行することになる。ということになると、まちづくりも益々「少子高齢社会」に対応することが必要になる。

2 コンパクトシティ構想によるまちづくりを

そこで、少子高齢社会に対応したまちづくりが必要だということになるが、ここで提案したいのは「コンパクトシティ構想による街づくり」だ。この構想は1970年代に提案され、一部政策として取り入れている自治体もあると聞いている。そもそもこの構想が出てきた基本コンセプトは「下駄履きで生活できるまち」である。自動車社会がもたらす弊害、都市機能の郊外拡散や無秩序な開発、道路・上下水道などの公共投資の非効率化等々の課題を解決するために考えられたもので、最近になって再び関心が持たれてきていると聞く。このように見てくると、構想自体の誕生からはかなりの年数が経過しているが、少しも陳腐化していないし、むしろ今日的課題にぴったり適合しているように思うのである。

3 柏崎にぴったりの政策

さて、この構想を「柏崎市に当てはめて考えてみた場合にどうなるか」、ということだ。既にご承知のように、柏崎市もご多聞にもれず人口は減少し、高齢化は進行している。近いところで比較しても、平成17年の合併時の人口94,648人が現在(H2510月1日現在)88,609人と6,000人余(△6.4%)も減少し、高齢化率は29.1%だ。全国平均より速いペースで人口減少・高齢化率が進行し、少子高齢化に拍車がかかっている。これに対する対策が必要かつ重要であることは、改めて申し上げるまでもない。そして、このコンパクトシティ構想が現在の「柏崎市にぴったりの政策」であると申し上げたい。くどいようだが、今すぐこの構想を取り入れて、今後の政策の柱に据えるべきだ、ということを強調しておきたい。今回はここまでとし、次回はもう少し踏み込んで考えてみたいと思う。

<次回に続く>