県議選に独自候補擁立へ(自民党柏崎支部)

自由民主党柏崎支部では、3月27日に三役会議を開催し、来春行われる県議選に向けての対応を協議した。それによると同党支部として、独自候補を擁立することで一致した。既に巷間いろいろな話題が取りざたされているが、現在名前の出ている複数の市議会議員や新人候補から絞り込むことや、公募も視野に入れた上での動きとなる見込みだ。

新潟県議会議員選挙は既に平成27年4月12日(日)投開票が決まっているが、柏崎刈羽選挙区では、現職の東山県議が引退表明をし、その後継をめぐって様々な動きが出ている。自由民主党柏崎支部としては、既にもう一人の現職である三富県議が出馬表明をしていることから、2議席の内の残る1議席についても、これまでどおり引き続き確保していく方針での独自候補擁立という強い決意を示したものとみられる。

<以上です。>