給与削減(5%)案、議決までの経緯と内容(柏崎市議会9月定例会議)

給与削減(5%)案、議決までの 経緯と内容

1 審議の経緯とその内容既報のように、柏崎市議会9月定例会議最終日(20日)に給与削減関連議案8件(下記参照)が、追加で提案された。

① 平成25年度一般会計補正予算(第5号)

② 平成25年度国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

③ 平成25年度介護保険特別会計補正予算(第2号)

④ 平成25年度ガス事業会計補正予算(第3号)

⑤ 平成25年度水道事業会計補正予算(第3号)

⑥ 平成25年度工業用水道事業補正予算(第2号)

⑦ 平成25年度下水道事業会計補正予算(第2号)

⑧ 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

(※ 職員給与は一般会計だけでなく、夫々の会計(②~⑦の各特別会計)に含まれているため個別に議案上程している。)

その内容は、以下のとおりである。

(1)市長・副市長・教育長及び全職員の給与を一律5%削減する。

(2)期間は、平成25年10月~平成26年3月の6ヶ月間

(3)理由は、国の財政逼迫と東日本大震災の復興支援

(4)経緯、国は今年春頃から全国の自治体に対し平成25年7月よりの実施

を求めていた。

(5)その具体的手段として、削減相当額を地方交付税交付金(以下「交付金」

という。下記囲み参照)から減額するという方針を示してきていた。

(6)柏崎市では、削減を実施しないで7月が過ぎた訳だが、ここに来て総務

省から削減しない自治体に対しては平成26年度交付税配分にあたり、

「ペナルティもありうる」との方向が示唆されたことから、この度急遽実

施の方向で議会に諮ることとしたもの。

(7)この給与削減を実施するに当たり、市職労等、組合との交渉を重ねてき

たが、合意には至らなかった。

(8)組合側の主張は大筋で以下のとおり。

① 給与決定は各自治体の独自権限であり、国が関与すべきことではない。

② 柏崎市では中越沖地震の後5年間も独自削減をしてきている。

2 本会議で質疑・反対討論

以上のような経過を踏まえ、20日の本会議では市職労出身議員や共産党議員が、約70分を費やして、反対の立場から質疑・討論を行った。

その理由は、上記市職労の主張と重なるが、それに加えて「組合との合意ができていない。」ということも挙げていた。(但し別項<解説>にて後述するが、「組合との合意がない」という点は、第1義的反対理由にはなりえない。)

以上の議論がなされる間、議場からは「それを市民の前で言ってみろ!!」「官民格差をどう思っている??」との厳しい声が飛び交っていた。

3 採決の結果

この給与削減案に対して、

◎ 反対した会派 : 柏崎のみらい、社会クラブ、共産党 (反対議員9人)

◎ 賛成した会派 : 整風会、公明党、大志民友、自治研究会、市民クラブ、

無会派 (賛成議員15人)    (※ 後掲「会派別議員名簿」参照)

このように、採決の結果、柏崎市の市長・副市長・教育長及び職員の給与は、10月から「6ヶ月間、5% 削減」されることになった。

以上、給与削減(5%)案、議決までの 経緯と内容について記したが、市民各位におかれては、「賛成会派、反対会派及び議員」にご注目頂きたい。市議会内でのやりとりや議員の動きについては、報道では知ることができない。その辺のところにつき、本サイトにて後日、「解説編をアップ」する予定である。

<語句解説>

地方交付税交付金(ちほうこうふぜいこうふきん)とは:地方自治体収入格差少なくするために、交付される資金のこと。国税一部を、財政基盤の弱い自治体配分する。自治体間での財政格差を補うことが目的である。自治体財源が豊かで収入確保でき、地方交付税必要がない自治体は、不交付団体呼ばれる平成16では、都道府県では47都道府県のうち東京都のみが不交付団体である。また市町村では3100市町村のうち133団体が不交付団体だった。

柏崎市議会議員名簿(会派別)

平成25年6月5日現在

会 派 名 議員数 所属議員氏名及び役職名
日本共産党柏崎市議員団 団 長 持田 繁義                           副団長・会計 宮崎 孝司
社会クラブ 代 表 高橋 新一                            会 計 若井 洋一                            矢部 忠夫                                笠原 晴彦
公明党 代 表 真貝 維義                           会 計 若井 恵子
自治研究会 代 表 砂塚 定広                           副代表 加藤 武男                          幹事長 村田幸多朗
大志民友 代 表 星野 正仁                           副代表 相澤 宗一                           事務局 与口 善之                          会 計 佐藤 和典                           山本 博文
柏崎のみらい 代 表 飯塚 寿之                           事務局長 池田千賀子                        佐藤 敏彦
整風会 会 長 丸山 敏彦                            事務局 荒城 彦一
市民クラブ 代 表 斎木 裕司                            片山 賢一                                霜田  彰                                春川 敏浩
会派に所属しない 三井田孝欧