街宣文(3)=(新庁舎建設移転反対運動)市民の会

◎ 街宣文(3)=(新庁舎建設移転反対運動)市民の会

市民の会(=明日の柏崎を考える市民の会)では、街頭から新庁舎建設移転に反対する呼びかけを行っているが、「その通り」「まったくだ」という声や、「これも言ってくれ」と、「文面の注文」も提供される状況である。そこで数回に分けて、その街宣文を以下の通り紹介することとした。今回はその3回目である。

皆様、(おはようございます。お騒がせ致します。)こちらは、「明日の柏崎を考える市民の会」であります。私達は、市当局が進めている「新庁舎建設移転計画」に反対し、その見直しを求めています。

「旧柏崎公会堂=喬柏園」は今年で78年になります。昨年改修工事をし、「市民活動センター」としてオープンしました。この先20年~30年使うとなれば、優に100年以上使うことになります。それに比べ、今の市役所庁舎はまだ48年目であります。しかも、数年前に、2億8千万円もかけて「耐震補強工事」をしたばかりであります。

まだまだ使えると思います。建築の専門家もそう言っています。

それなのに、今すぐ新しい市役所庁舎が必要でしょうか?(又、75億円もかけて、その上借金までして、今すぐ新しい庁舎が必要でしょうか?)

私達はこの計画の見直しを求めています。どうぞ、皆様のご賛同をお願い致します。

(又、引き続き「署名募集」も行っています。こちらの方も宜しくお願い致します。)

以上です。