街宣文(4)=(新庁舎建設移転反対運動)市民の会

◎ 街宣文(4)=(新庁舎建設移転反対運動)市民の会

市民の会(=明日の柏崎を考える市民の会)では、街頭から新庁舎建設移転に反対する呼びかけを行っているが、「その通り」「まったくだ」という声や、「これも言ってくれ」と、「文面の注文」も提供される状況である。因みに今回の文章は、街宣活動中に提供された文面に一部加筆修正をして作成したものである。今回はその4回目のご紹介になる。

皆様、(おはようございます。お騒がせ致します。)こちらは、「明日の柏崎を考える市民の会」であります。私達は、市当局が進めている「新庁舎建設移転計画」に反対し、その見直しを求めています。

市当局では、新しい庁舎を駅前に建設するとしていますが、その場合、跡地利用は全く決まってはいません。広大な空き地が、駅前から跡地に移動するだけであります。皆様、それでいいのでしょうか?

その上、借金は「市民のつけ」であります。今現在もそうですが、この先、その借金を担う若い人達がかわいそうではありませんか? 「借金の上積みまでして、新しい庁舎は今すぐ必要ではない。」私達は、その声を市当局に届け、計画の見直しを求めています。どうぞ、皆様のご賛同をお願い致します。

(又、引き続き「署名募集」も行っています。ご賛同とご協力をお願い致します。)

以上です。