議席番号と議員名簿(議席番号順)

<議席番号>

議員が議会本会議場で座る席はあらかじめ決まっています。柏崎市議会では議長席に向かって右側前のほうから1番・2番・・・26番と、机の上に議席番号をつけた名札(指名標)をつけます。各議員は議席につくとこの指名標を起こし、退席する時には倒します。議席の決定は議会運営委員会で協議し、議長が会議に諮って決定します。何処の議会においても、議席の決定においては当選回数・年齢を考慮して、(当選回数・年齢共に)若い人が前に、ベテランが後に決めているケースが殆どのようです。また、会派は近くに纏まった議席とすることが一般的です。嘗ては、議員を指名する時には「○○番」というように、番号で呼んでいましたが、最近では「○○議員」と名前で呼んでいます。その理由は、番号で呼ぶのは「刑務所と議会だけだ」からとか「名前があるのに番号はおかしい」とか諸説あるようですが、柏崎市議会では名前で呼ぶことがすっかり定着しています。以上です。