「議会は機能しているか……?(その2)」ー検証・2月議会(柏崎市議会)

前回(政界やぶにらみー36)は、「市長を守る」という議員が多数を占めているため、一部の議員が追及の声を出しても「議会全体の動きにならない」ということを申し上げた。今回は(その2)として、「議員心理」について考えてみたい。

2 議員心理

議会の生ぬるい対応としてのもう一つの要因は議員心理だ。人間誰しも「悪者」にはなりたくないであろう。当然である。議員も同じだ。むしろ一般の人より、その意識はより一層強いと言ってもよかろう。程度の差こそあるものの、議員の場合「人気商売」という意識も働く。それだけにより一層「市民・有権者」の顔色を気にする人が少なくない。その為に「危ないこと」や「意見の分かれること」等々には「手も口も出さない」という議員センセイがイラッシャル。(それでは議員の職責が果たせないと思うのだが???)そのような価値観をお持ちの議員センセイは、この手の案件(この度の盗撮事件や昨年の万引き事件等)には口を出さない。市長や当局(延いては一般の職員にも)嫌われると思っているからか。或いは(そんな事に関わっては)損こそすれ「得になることはない」と思っているからかも知れない。いずれにしても、「いい人」で居るためには「危ないことや臭いもの」には関わらない方がいい、と思っていらっしゃるようだ。

そういえば、あるベテラン政治家の先生に「政治家として長持ちする秘訣」をお聞きしたことがある。その先生はこう言われた。奥さんが地域の集会に出席する際の心構えだ。「いいか、座る席は真ん中から後ろに。」そして「賛否の意思表示をする時は、周りを見て大勢が賛成する方に賛成しろ。」「決して自分から先になって意思表示してはならんぞ。」ということだそうな。この考え方に対するご判断は読者各位にお任せするが、(以外と思われるかもしれないが)議員の中にはこのような考え方、価値観の人が少なくないことだけを申し上げておこう。勿論、総ての議員がそうだとは言わない。正義感・責任感が強く、敢然と発言し行動する議員もいる。誰がどのような言動をしているかは、市民・有権者各位によく見ていただくしかないのである。

前置きが長くなってしまったが、本題に戻ろう。つまり、このような議員心理が作用して、(この度の事件に対して)一部の議員が追求しようとしても、議会全体としての動きにまでならないのだ。因みに2月定例会議の最終日討論でこの事件(盗撮事件)を取り上げた議員は2人だけにとどまっている。これだけ市民の怒りも反響も大きく、毎年発生していて、しかも公務員としてあるまじき犯罪(刑事事件)である。「議会は機能していないではないか!」と叱責されても、弁解できないのが実情である。では、どうすればいいのか???

最後は市民・有権者各位の力によるしかないと申し上げたい。市長の言動を、議員一人ひとりの言動を「よく注視」し、判断していただくしかないのである。我々の社会は民主主義により成り立っている。時間がかかる制度・仕組みではあるが、悪い制度ではない。最後は「市民・有権者の審判」しかないのである。[以上文責:荒城彦一(柏崎市議会議員)]

<次回に続く。>